· 

良品計画×ソメヤスズキ主催 英田郡西粟倉村のアカソ草木染めワークショップに参加しました

今日は、岡山県英田郡西粟倉村 良品計画、

そしてソメヤスズキさんの合同ワークショップ
(草木染めでエコバックをつくる)に参加してきました。

 

西粟倉村は人口1500人。

移住者が人口の1割を占める素敵な村です。
若い人やこどもも増えてるそう。

 

西粟倉村 学校

 

間違えて大原駅で下車してしまい、50分間無料レンタサイクルで爆走。

5分遅れでなんとかたどり着きました、すみません。

これが「森の学校」です。

 

旧校舎の前の原っぱに待ち合わせして、
まずは皆でアカソを摘みました。

おとなもこどもも夢中につみました。みんなで5kgくらい。

エコバックの総量と同じくらいの重さです。

 

アカソ 採集

 

いい景色!いい匂い!

自転車で爆走している時、

おもわず叫んじゃいました。笑

きもちよかったー

 

みんなで摘み取ったアカソは、炭酸カリウムでアルカリ性にした熱湯に浸し

(色素が抽出しやすくなるそう。重曹でも代用可だそうです)、赤い色素をとりだしました。

茎が赤かったけど、見事に色素が抜け、緑になっていました。

 

草木染め 抽出 煮出し

 

煮だした染液をざるでこし、

洗濯のりを取り除き、濡らしたエコバックを投入!

 

空気に触れると酸化し、変色しむらがでてしまうため

(空気にふれたところはピンクになっていましたが、それもまた綺麗でした)、

15分はしでかきまぜながら色素をエコバッグにいれこみました。

 

丸太の上でやるっていうのも、

味がでてますよね。味がでてました。

 

エコバック 草木染め

 

地元のおばあちゃんがお昼ご飯もつくってくれました。

いつもは少食のじぶんですが、

お腹いっぱいたべました。ほんとうにカラダが、おばあちゃんの

お昼ご飯を欲していました!笑

 

からあげも

おにぎりも

無農薬のやさいも

 

ほんとうに、おいしかった。。

 

 

参加者さんは、地元からはもちろん関西からこられている

方もたくさんいました。

 

ぼくは、プロフェッショナル

仕事の流儀という番組 (鎌倉投信の新井和宏さんの回)で、

岡山の林業のことを知り、ホームページで調べているなか

、この村の存在を知りました。なにより西粟倉村のホーム

ページ素敵です。。

 

媒染剤 アルミ 銅 鉄

 

お昼ご飯を食べて、

のんびりしたところで、

3種類の染媒液に、浸しました。

 

 

この時点で、赤にはならなくて黄色っぽくなっており、

主催の方もはじめての経験だそう。そんなハプニング、

すごくわくわく!

 

アルミは、鮮やかに。

銅はあかっぽく(アカソウの場合)。

鉄は暗め。

になるそう。

 

つけた後、水洗いし、

最後に、もう一度アカソの染液に浸し、色を濃くしました。

絞り染めのための輪ゴムや割り箸をほどき完成です。

 

草木染め エコバック

 

 

ビー玉や、わりばしで、それぞれの絞り染めをしました。

ぼくの作品は、丸太の一番奥に干しているやつです。

持手をボーダーにし、シンプルに仕上げました。

 

 

そして、

最後に記念撮影。

地元の人とも話せたし、こどもやおとなのみんなで楽しめたワークショップでした。

また、西粟倉村にあそびにいきたいな。

 

素敵な1日をありがとうございました!

秋のテーマづくりに向けてアイデアが湧いてきました。