· 

ブロックする方も傷つく?SNSでブロックをした理由と後悔して分かったこと

 

ぼくは、大事な友人を

ブロックしたことがあります。

 

3年前なのに、まだふと

その人のことを思い出した

時、後悔の気持ちが湧いて

くるときがありますが、

だいぶ立ち直ってこれま

した。

 

この約3年間、

ブロックするということを

考えるようになりました。

 

ブロックされたひと、

ブロックしたひとの心

が少し整理できるように

この記事を書いてみたいと

思います。

 

■ブロックする理由はふたつある

 

ブロックされるのは、

誰でも傷つくと思います。

 

心がいたい、もうその人には

接することができないという

絶望感を感じます。

 

ブロックされる方は、

当然ですが、自分が

ブロックした体験から

ブロックする方も心が痛む

ときがあることが分かり

ました。

 

ブロックする理由は、二つあると

思っています。

 

■相手をみると嫌いと思う。もう関係を持ちたくないからブロックする。

 

この理由は、シンプルに

相手とを持ちたくない

と思う、の人のことを

あまり知らない場合は

もちろんこれ以上付き

合いを持ちたくないという

シンプルな嫌悪感でブロッ

クする時などはこれにあ

たります。

 

匿名Twitterや、そもそも

興味のない人に対して

も行われることが

多いように思います。

■相手はどうせ自分のことを嫌いと思い込み、その気持ちをこれ以上体験したくないからブロックする。

 

後者は、被害者意識から

生まれるもので、相手のこと

をある程度知っていて、

 

(本当は相手と仲良くなりたいのに、私のことを嫌いだろう)

 

というところからブロックに

至ってしまいます。

 

ブロックされた方は、もちろん

傷になりますが、このような理由

場合、ブロックした方にも傷

が残ります。

 

相手が完全に嫌いなったわけで

なく、むしろ相手に本当は愛

されたかったからです。

 

 

■嫌われているという思い込んでしまう癖について

 

漠然と、「嫌われているん

だろうなあ~」と思う癖。

これは、記事を書いている

筆者もたまに感じることが

ありますが、以前はもっと

ひどかったです。

 

みんな、周りのひとが自分を

嫌っているように思うし、

仲良くしたり心を開いたり

するのがかなり難しい状況

でした。

 

高校の頃、ずっと寮生活の

軍隊生活で先輩からいじめられ

たというのが理由になっている

かもしれません。

 

そういう状況に心がいると、

目に入るもの敵に見え、その

感情自体を体験するのも嫌で、

もうそんな感情を味わいたく

い→ブロック!に繋がってし

まいます。

 

ほんと誰得?って感じですよね。。

自分の心も痛くてたまらないし、

相手も悲しい・・。申し訳ない

です。

 

本当は、相手もあなたのことが

気になっていたかもしれない。

友達でいたかったかもしれない。

 

そういうすれ違いは、いくら

でもあることをブロックを良く

していた時期のもう少しあとの

自分の経験から知りました。

 

この環境から脱するにはどういう

心の置き方になればいいのでしょうか。

 

■どうせ嫌われているという檻にいたことを認識する

 

このループから脱するには、

どうすればいいのでしょうか。

 

まず、なによりも自分がその

檻に気づくことから始まると

思います。あーそんな心の

サイクルがあるんだなって

知るだけで、その課題に自然に

向き合える状態に近づいて

いくんだと思います。

 

優しいものに触れ合う時間も

大切です。それは、心の家のよう

になるからです。そこにいつでも

戻ってこれるように、優しいと

感じられるようなものを周りに

おいてみましょう。

 

時間がかかるので、少しずつ

ほんとはちょっとは相手は

自分のことを好きなのかもしれないぞ

という思い込みを頭の片隅に

イメージ置いてみてください。

 

それだけで、その気持ちは体験と

時間によって熟成されていくもの

だと思います。私も練習中です。

 

 

■ブロックやフォローを外されても、その人が好きなら連絡してみるのもいいかもしれない

 

ブロックをされたりフォローを

はずされるということは、

ムカつくこともやはりあるの

ですが、、【嫌わているから

ブロックする】という理由から

してしまうことは実はとても

多いんじゃいかと思います。

 

そういう理由だった場合ブ

ロックした後、その人から

「元気?」って来たらどう

ですか?相手によるかもしれ

ませんが、私だったらうれし

くて泣いてしまうかもしれませ

ん。

 

 

 

傷つく要素も少なくないSNSの

社会。ブロックしてしまった

方も、ブロックされた方も、

仲直りしにいシステムの中で、

嫌われていると勘違いすること

がなにかあったかいものに

変わればいいなと思う今日頃

ごろであります。