· 

大阪市東淀川区で家賃22500円のシェアハウスで5年間すごした方法と想い出

 

私は、大阪市東淀川区でシェアハウス

 5年過ごしました。家賃は、二人で

45000円 (一人 22500円です)。

 

間取りは、6畳の部屋(各 押し入付)

が二つ、キッチン、トイレ(風呂別)。

これでこの値段は、東淀川区特有の

ものかもしれません。安かったです。

 

シェアハウスを始めた理由は、単に

お金がなかったからです笑。

 

新卒で入社した正社員を辞め、

いつか独立して食べていけるよう

になりたいと思い、当時派遣社員

を続けていました。

 

正社員を25歳で辞めてから、

アート活動をしながらプリン工場

や日雇い、化学系の派遣社員を経験しま

した。色んな働き方を経験できて、

色んな人と出会い、今はいい想い出

です。。

(現在は、妻と守口市で暮らしています)

 

 

■どうやってシェアハウスの仲間を探したか

 

シェアハウスの相手は、5年間で3人。

最初は、新潟に住んでいる友人でした。

しかし2年くらい住んだ頃、一緒に

住んでいた友人が千葉に引っ越す

といい、一人になってしまいました。

 

そこで、悩んだ末シェアハウスの仲間

を探すことができる、サイトを利用

しました。

 

実際使ったサイトは忘れてしまいまし

たが、シェアハウスの相方を探すサイト

 

は結構ありますよ。

 

Share Clip

Share Share

メッセージをくれた人と新大阪駅で

会い、お茶をして家賃、光熱費をちゃん

と払ってくれそうな人かを見極めて

から相方をきめました。

 

一人は、大阪に農業研修(座学らしい)

に来ていたおっさん、最後の一人は

カナダから日本のゲーム会社に勤める

ことになったダニエル君と一緒に

暮らしました。

 

■シェアハウス専用の賃貸物件でなくてもいい

 

この写真は、最後に一緒に暮らした

相方。ダニエルくんです。隣の部屋

から笑い声がよく聞こえてきて、

とにかく明るい人でした。一緒に

ご飯出かけたり、とにかく一人より

隣にダニエルくんがいるという

安心感がありました。

 

物件は、賃貸住宅サービスで探し

ました。友人で暮らせることを条件に

探したので、特にシェアハウス専用

物件ではありません。家主さんも

そのことを分かってくれたので、

(滞納はしないという信用が何より

大事) 安心してできました。

 

 

 

■シェアハウスは、個室タイプの方がおススメ

 

シェアハウスは、個室タイプ

になっている間取りをおススメ

します。私は、高校時代が寮生活

でして、一つの広い部屋に3人

で過ごすパターンも経験していま

すが、みんな睡眠時間がバラバラ

で寝るときに電気を消せないという

のも良くあり、ストレスになりま

した。

 

なので、断然個室タイプをおススメ

します。好きなことに集中できる

ので。。

 

押し入れは、アート作品を

つくるアトリエにしました。

夜、こつこつ創作活動をして

いた記憶があります、なつかしい。

 

アート展示会に出展したり、ワーク

ショップをしたり、独立する

ほどの収入には結びつきませ

んでしたが、自分にとっては、

いい想い出になっています。

 

 

 

この作品は、アート展示会に

出展した、

【深い森にある万華鏡のようなおもちゃ】

という作品です。詳しくはこちら

 

この作品ができたのも、このシェアハウス

時代に色々興味を持って実験したことが

繋がっています。東淀川区は、新大阪駅

からも近いですし、家賃も安い。

 

またいつか住みたいです。