· 

小学校低学年でも製作できる夏休みの工作にぴったりなジオラマ照明の作り方。

 

今回は、

スイッチ式の幻想的な

手作りジオラマ照明づく

りのワークショップを

開催しました。

 

このテーマは、初めてな

ので楽しみにしながら、

準備してました。

 

■まずは、自宅で準備!

 

照明の土台部分は、

こちらの記事で説明

しています。

 

(リンクの記事は、

暗くなると光る仕組みを

取り入れています。)

 

今回は、小学生低学年の

お子さんもいたので、比較的

簡単なスイッチ式にして

みました。

 

 

<スイッチ式ライト部分の材料はこちら>

 

・Warm White LED 

・100円均一で購入した電池ボックス

・ジャンパーワイヤ の3点です。

 

 

これらのパーツを

こんな感じに接続して

完成です。とても簡単です!

 

(この写真では

していませんが、接続部分を

グルーガンで接着してく

ださい。)

 

 

土台部分に穴をあけて、

LEDを入れるとこんな

感じに光ります。この

ボードに和紙を貼り付けて、

 

 

東急ハンズで購入し、

穴を開けた(詳細はコチラ)

透明半球カップにも

和紙を貼り付けて、準備

完了です。土台は、

ミラフォームというものを

使用していますが、

ダンボールでも代用可能です。

 

(今回は、最初にテーマを

山にするか海にするかで

選んでもらうようにした

かったので、和紙に青と

緑で色付けをしました。

そうすることで、

創作の幅が広がります)

 

 

あとは、ジオラマ部分を

彩る素材を用意して、ワーク

ショップを始めました。

素材は、東急ハンズで揃え

られると思います。

 

今回は、

ラメをつかったり、

おはじき、貝殻、

ドライフラワー、蓄光顔料、

アヴリルの糸、草粉、

動物のミニチュアフィギュア、、

などなど、、黄色の星は、

粘土で手作りして

用意してみました。

 

■ワークショップ開始!

 

海か山かを決めてもらったら、

あとは、自由にボンドで貼り

付けていってもらいます。

 

 

ワイワイいいながら、

この時が、忙しくも

あるのですが、たのしい!

どんどん作品が出来

上がってきます。

 

こちらは、海グループ!

 

こちらは、山グループ!

 

 

だいたい、ワークショップは、

2時間くらいで終わりました。

どんな作品ができたかな?

 

■こんな作品ができあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも、かわいい。。

 

 

途中、配線をひっぱって

しまって、グルーガンで

接続を直したこともあり

ましたが、幻想的な

照明の出来上がりです。

 

小学低学年でも簡単に

つくれる照明です。

 

 

是非、夏休みの工作や自由研究に

作ってみてくださいね。

 

ちょっと難しくなりますが、

暗くなると自動的に光る照明を

作ってみたい方はコチラ

参考にしてみてくださいっ

 


◇この記事を書いているひと

@かとうともきです。アート作品を製作しながら、

不定期でワークショップを開催しています。instagram

で日々の創作の様子をのせています。