· 

幻想的なArduino照明のアイデア。夏休みの宿題にもなりそうです。

 

創作過程でアイデアを

思いつき、Arduino

照明をワークショップ

で作ってもらうことに

しました。

 

暗くすると照明が光る

ちょっと不思議な照明です。

 

その創作過程を記事に

しましたので、

夏休みの自由研究などの

参考にしていただけたら

と思います。

 

この記事は、各工程毎

■明るさセンサーとLED光る部分の仕組みをつくる

■ドーム部分をつくる

■土台部分をつくる

■組み立てる・装飾する

に分けて説明しています。

 

■明るさセンサーとLED光る部分の仕組みをつくる

 

まず、明るくするとLEDが消え、

暗くするとLEDがつく仕組みを

つくっていきます。

 

<明るい環境 → 照明OFF>

 

 

<暗い環境 → 照明ON>

 

こんな感じになります。

 

今回は、直径約17cm の

照明をつくるため、

ブレッブボードも小型の

ものにし、arduino nano

 

を使用してスペースを

とらないようにしました。

 

 

 

回路図はこんな感じですが、

LEDは土台部分の中央、

 

明るさセンサーは

照明側面につけるため

 (詳細は後で説明しています)、

 

LEDと明るさセンサーは、

それぞれジャンパーケーブル

で長めにしました。

 

 

 

記述するコードは、

こちらです。

 

部屋の明るさによって

12行、17行を変える

と対応できます。

 

使用する抵抗に

よっても微妙に

ledValが変化します

のでそれぞれ微調整

が必要だと思います。

 

(今回は100Ωを使用して

います)

 

■ドーム部分をつくる

 

さて、次は、

ドーム部分をつくっていきます。

まず、花昭さんの透明半球 150mm

に油性ペンで穴をあける箇所を決め

ます。これで、ジオラマの中が

見られるようにします。

 

 

 

次に発砲スチロールカッター

で穴をあけていきます。

ちょっと臭いので、

ベランダにでて作業するのが

おすすめです!

 

(油性ペンの線より外側

をなぞると黒い部分が

残らず切り取れます)

 

 

中をあけたら、

木工用ボンドをつかって和紙

をぺたぺた貼っていきます。

 

 

ドーム部分はこれで完成です。

 

■ 土台部分をつくる

 

土台を作っていきます。

土台上には、お子さんがつくる

ジオラマの世界が広がります。

 

土台には、ジオラマベース

として有名なミラフォーム 10mm

を使います。

 

まず、ドーム部分の大きさに

スチロールカッターを

つかってカットしていきます。

 

 

カットしたら、中央に

LEDを出す穴をあけます。

LEDの色はWARM WHITE

を使用しています。

 

ドーム部分と同じように

花昭で購入した透明半球

(30 mm) に和紙をはり

付けておきます。

 

こんな感じになります。

和紙ってなんでこんな

いい感じに光るんでしょう

か。。感動。。

 

(LEDむき出しにすると、

目に悪影響ですので

ご注意を!)

 

 

透明半球をホットボンドで

固定したら、次に紙粘土

を貼り付けていきます。

 

紙粘土は、水で薄めたボンド

液を塗布するのがコツ。

 

貼り付けると乾燥時にも

紙粘土が固定されます。

 

 

側面は、粘土をつけても

いいのですが、ぼろぼろ

落ちたらいやなので、

アクリル絵の具で塗ります。

 

■組み立てる・装飾する

 

さて、下準備終わりました。

さあ、ワークショップにて

製作です。(ここからは、撮影する

のを忘れている箇所もあります。

ご了承ください。。)

 

知人のお子さん 中1・小5の

二人に製作していただきました。

 

 

まずワークショップでは、

テーマを【海】か【森】

かを決めてもらいました。

 

こちらは、海ver。ドーム部分

を水彩で塗ってます。

こんなかんじ。

 

 

ドーム部分と土台部分、

そしてarduinoを入れる

空間をつくるために、

柱ともうひとつ土台を

参加者と一緒につくりました。

グルーガンでつけています。

 

明るさセンサーをちょこっと

外に出しています。ここも

グルーガンで固定です。

 

 

こちらは、森バージョン。

土台を土色に塗って、

ボンドスプレーを駆使し

ながら茶粉や草粉を

固定することで、森の

雰囲気がでています。

 

 

海バージョンの

ドームをかぶせた時は

こんな感じ。ほんと

かわいいです。

 

 

森バージョンは

こんな感じです。

これで完成です!!

 

 

部屋を暗くすると、

明るさセンサーが反応し、

LEDが点灯します。

 

こんな感じで、

とても幻想的な雰囲気です。

 

 

実は、海バージョンの方は

途中夏休みの宿題にしたい

ということで課題である

【貯金箱】にしてみました。

 

(よく見るとお金を入れる

部分と取手のペンギンが

みえると思います笑)

 

下にarduinoを入れる

スペースがあるので、

そちらにも使えると思い

ます。いやー、ワーク

ショップたのしかった~。

 

夏休みの工作・自由研究など

で是非試してみて

くださいね!

 

 

INSTAGRAMもやっています。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    アユミ (日曜日, 29 7月 2018 10:21)

    幻想的でステキだねー
    大人も作りたくなるランプだよー

  • #2

    かとうともき (日曜日, 29 7月 2018 14:10)

    アユミさん ありがとうございます^^