· 

透明粘土すけるくんの蛍光ペン色付け標本づくり

 

作品づくりの過程で

透明粘土すけるくんの

色見本が必要になり、蛍光

ペンの標本づくりを

してみました。

 

 

これがすけるくん。開封済みです・・・

 以前、水彩絵の具で色付けしたので

すが、ネチャネチャ感が増して

扱いずらかったため、

蛍光ペンに切り替えました。

 

これなら、色付けした後も作業がし

やすいです。

 

(手につきやすいので、ゴム手袋

しての作業をおすすめですー)

 

 

使用した蛍光ペンは、

蛍 coat (左の5色)と

マイルドライナー(右の5色)

 

蛍 coatの色合いは有名

ですよね。

 

マイルドライナーは、

蛍 coatと少し違い

ミルキーっぽい色合いに

なってます。

 

 

 

使用したすけるくんは、1色に

つき約1g。なるべく量は統一しました。

 

(すけるくんは、最初練りこむ

ほど透明度が書いてあったので、

すべて約30秒程練りこんでいます。)

 

 

よく練りこんだ後、

早速色付け。蛍光ペンに

3cmの線を3つ引きました。

さらに練りこみます。

 

 

プラバンで羽のモチーフに

切り取り、

 

 

カッターで同じ

ように色付けしたすけるくん

 

を型取りました。

 

 

乾燥後は、2割収縮すると

言われている通り、少し縮み

ました。ペンによって、

微妙に色彩が違います。

 

 

こちらが、コート液を羽のモチーフに

塗布→乾燥を2度繰り返したものに

なっています。塗布1時間くらい

の見た目の変化はツヤが

アップしたくらいです。

 

 

こちらが、一晩たった

標本。かなり透明度が

増してます。

 

 

 

マットな感じにしたい時と、

プラバンのような感じにし

たい時に使い分けたらいいですね!

 

(乾燥後は弾力性もあるので、

折れることもないですが、

乾燥時の収縮率が大きいので

最初だけ少し気を遣う必要が

あると思います。)

 

 

 

一晩置くと、ペンによる

違いもはっきりでてきてて

おもしろいですね。

 

この標本を使って、

 

作品づくりすすめてみます。

 

 

↑Instagramもやっております。

よき縁になりますように!